ライフセービングとは

ライフセービングは水辺の事故をなくすことを目的とした活動であり、事故防止のための監視や指導、救助、一般への教育やライフセーバーの技術向上のための競技等の全てを指す言葉である。また、ライフセービングは誰もが参加できる活動である。たとえ泳げなかったり身体的ハンディーキャップがあろうとも、社会奉仕と博愛の精神に基づき、人命救助の為に活動すること、すなわちそれがライフセービングである。

ライフセーバーとは

ライフセービング活動に携わるものをライフセーバーという。また、狭い意味ではライフセーバーの資格を取得したものをさす。

ライフセーバーの使命は溺者の救助のみではなく、事故を未然に防ぐことにある。数多く救助したライフセーバーが優秀なのではなく、利用者に安心できるような環境を作り、なおかつ事故を出さないことが重要である。また、ライフセービングを広く一般に普及していくのもライフセーバーの使命である。

※日本ライフセービング協会 SURF LIFESAVING TEXTBOOK より抜粋

SHIPS
SHIPS
 『Safe & Clean Campaign 22』
『Safe & Clean Campaign 22』
下田市の遊泳情報
下田市の遊泳情報
Maroochydore S.L.S.C.
Maroochydore S.L.S.C.