パトロール活動について

 7月から8月にかけて海水浴場及びプールで監視・救助活動を行っています。また事故を未然に防ぐために安全な遊泳エリアの設定、遊泳エリアとサーフエリアの区別、的確な遊泳条件の設定、看板や放送による海の状況案内、迷子の保護、迷惑行為の防止(置き引き、盗撮、不法業者、BBQ等)、津波サインの啓蒙といった活動も行っています。

 学生や社会人を含めた約140名の会員が、白浜・吉佐美・南伊豆の3地区に分かれて活動を行い、地元の公民館等で自炊の団体生活を営みます。朝は5時台に起床し、朝食前の朝練、パトロール後は日没までの夕練、10時30分の消灯。こうしたパトロール以外の団体生活がメンバーの規律とお互いの信頼を育て上げ、ライフセーバーに共通する「心の優しい人」を育て上げています。

 

白浜地区

白浜地区は、白浜大浜海水浴場と白浜中央海水浴場、ふたつの浜を監視しております。白浜大浜海水浴場の特徴としては、その名の通り、白い砂浜が広がり、岩や砂浜が混合する海水浴場です。潮が引いているときには、磯遊に大変適し、波のサイズや流れが穏やかな場所もあります。その為、子供連れの親御さん方にとても愛されている海水浴場で、毎年多い時には1日2万人以上の海水浴客が来る、非常に人気のある海水浴場となっております。

吉佐美地区

下田市吉佐美地区は、両側を岩場で区切られている4つの海水浴場がです。年間を通じて波があり、サーフィンスポットとして、有名です。透き通った水とゴミの無いビーチが自慢の海水浴場。

 

吉佐美大浜

客層は家族連れが多く落ち着いた浜ですが、波が上がるとサーフィンするのに最高の波になります。

舞磯浜

海水浴エリアは約50mと狭いですが、磯場が多く磯遊びには最適です。家族連れの多い海水浴場です。

入田浜

堤防が無く1番自然のままに残されている浜です。1年を通してサーファーが集まるスポットです。

多々戸浜

サーフィンスポットとして有名で多くのプロサーファーを輩出している浜です。1年中サーファーで賑わっています。

南伊豆地区

 南伊豆地区では弓ヶ浜海水浴場と隣接する休暇村南伊豆のプール、南伊豆町内にある南伊豆東小学校プールと南上プール、以上の1つの浜と3つのプールを監視してます。弓ヶ浜海岸は伊豆半島最南端にあり全長1.2キロの長い弓型のビーチです。湾内にある為、波も穏やかでアカウミガメが産卵に訪れる癒し系ビーチとして有名です。家族連れやゼミ合宿やツーリングで多くの方が訪れます。

外浦地区

外浦海水浴場は入り江にできた静かなビーチで、透明度も高く家族連れや女性に人気があります。沖合いではウィンドサーフィン、シーカヤックのメッカで、全国からの臨海学校の授業風景もよく見られます。

SHIPS
SHIPS
 『Safe & Clean Campaign 22』
『Safe & Clean Campaign 22』
下田市の遊泳情報
下田市の遊泳情報
Maroochydore S.L.S.C.
Maroochydore S.L.S.C.